【USM/S14】不義遊戯トノラグゲンガー【最高・最終2137】

USMのS14に使用したパーティを紹介します。

【使用構築】

f:id:captainPoke:20190331231138p:plain

【構築経緯】
 ある程度相手を選ばず動ける滅びメガゲンガーf:id:captainPoke:20180312112809p:plainに着目し脱出滅び*1展開から構築をスタート。脱出役には弱点が一貫せず即落ちしづらい耐久もあるニョロトノf:id:captainPoke:20190225192824p:plainを選択しました。加えてメガラグラージf:id:captainPoke:20190225192811p:plainも採用し、雨の誘う高耐久を滅びで処理、スカーフ等の高速アタッカーを雨で処理する並び単位での補完を目指しました。
 残りの枠は滅び展開後の詰め要員になり雨選出にも組み込めるポケモンとしてミミッキュf:id:captainPoke:20180107152608p:plainサンダーf:id:captainPoke:20180322111342p:plainを採用しました。それぞれに呪いや毒と守るを採用しターン稼ぎをコンセプトに連携させることで柔軟な選出パターンを目指しました。最後にここまでのポケモンと相性が良く最低限の引き先になれるナットレイf:id:captainPoke:20180322111900p:plainを採用し構築を決定しました。

 


ポケモン紹介】

①ゲンガー

f:id:captainPoke:20190225190948g:plain

道具:ゲンガナイト
特性:のろわれボディ→かげふみ
性格:おくびょう
実数値:167(252)-a-101(4)-c-115-200(252)  ※メガ後
技構成:ほろびのうた/みちづれ/まもる/みがわり

 HSノーウェポンメガゲンガー。上からワンパンされない限り仕事ができる性能に着目し組み始めとして採用しました。コンセプトは脱出滅びを用いた2体処理を行い残りを詰め切ることですが、最低限1:1交換は成功しやすいため詰め要員2体と出す選出も多くしました。
 毒や呪いを取り巻きに採用しているため滅びも含めターン稼ぎができる身代わりを採用しました。スリップダメージの入った相手には、影踏みでキャッチし守る身代わりでハメるか、引き際に身代わりが残るかの選択を強いることができます。

 

 

ニョロトノ

 f:id:captainPoke:20190225192947g:plain

道具:だっしゅつボタン
特性:あめふらし
性格:おだやか
実数値:197(252)-a-123(220)-110-137(36)-90 
技構成:ねっとう/ほろびのうた/アンコール/まもる

~調整~*2
HB:A182一致地震ほぼ2耐え
HD:C167コケコのEF10万確定耐え、特化眼鏡テテフのPFサイコキネシス最高乱数切り耐え

 穏やか脱出ニョロトノ。裏に雨展開を添えることを踏まえて雨降らしのニョロトノを脱出役で採用しました。弱点の少ない高耐久で自身も滅びによる詰め要員になれる点が優秀です。滅び展開での欠点として脱出ボタンがばれやすいため、フルアタのポケモンをターゲットにする、身代わりを挟んで滅び最終ターンに引くなどをしました。
 技構成はメインウェポンとして火傷が優秀な熱湯、詰めに役立つ滅び、起点回避意識のアンコール、滅びやスリップダメージのターン稼ぎ兼Zを透かして脱出する守るです。

 

 

 ③ラグラージ

f:id:captainPoke:20190225192508g:plain

道具:ラグラージナイト
特性:しめりけ→すいすい
性格:いじっぱり
実数値:175-222(252)-130-c-131(4)-122(252)  ※メガ後
技構成:たきのぼり/じしん/れいとうパンチ/ばかぢから

 ASメガラグラージ。脱出役を滅び展開以外でも活用したいと考えメガラグラージを採用しました。雨の並びは耐久ポケモンを誘いやすく滅び展開を通す上で相性が良いと考えました。加えてゲンガーを上から処理するポケモンボルトチェンジで滅びを抜ける相手に強く出られます。通りの良いパーティも一定数存在するためその場合も素直に選出していきます。
 技構成は安定一致技の滝登りと地震、補完の冷凍パンチ、パーティ単位で重いカミツルギナットレイ意識で馬鹿力です。

 

 

 ミミッキュ

 f:id:captainPoke:20190225193011g:plain

道具:ミミッキュZ
特性:ばけのかわ
性格:ようき
実数値:131(4)-142(252)-100-c-125-162(252) 
技構成:じゃれつく/かげうち/のろい/まもる

 AS専用Zミミッキュ。滅び展開後の詰め性能の高さから採用です。Z+影討ちによる縛り範囲を広げるために威力重視の専用Zを持たせ、ミラー意識と上から呪いを刺す範囲を広げるために最速を取りました。
 詰めとしての性能や取り巻きとの連携を意識して呪いと守るを採用しました。脱出滅び展開後などラスト1体に数的有利が取れている場合、呪い→守る→裏を切る→守る→影討ちの流れで回復のないポケモン機械的に処理できます。他にも、守るは化けの皮と併せて滅びや毒のターンを稼ぎやすく雨ターンの調整にも役立ち、呪いはメガ後ゲンガーが裏にいる場合に自主退場からそのまま逃さずハメることができます。



⑤サンダー

f:id:captainPoke:20181125125527g:plain

道具:たべのこし
特性:プレッシャー
性格:おくびょう
実数値:193(220)-a-109(28)-146(4)-111(4)-167(252)
技構成:ほうでん/どくどく/まもる/みがわり

~調整~
H:16n + 1
B < D
S:最速

 HS残飯まもみがサンダー。主に耐久ポケモンに対しての詰め、崩し要員として採用で毒と守る身代わりによりハメていきます。スカーフ地面に対しての引き先になれること、毒の通らないポケモンに対してもプレッシャーによるPP枯らしが勝ち筋になることからサンダーを選択しました。ハメられなくても毒を刺せばパーティ内に多く採用したターン稼ぎ技により大きな打点になります。特に対面で積まれハメられなくなった場合には毒→守る→ミミッキュ引き→守る→影討ち(+毒ダメージ)の流れで削りきれるためミミッキュとの1:1交換に被害を抑えることができます。
 ウェポンは雨が呼ぶ水と撃ち合うために電気技が欲しく身代わりと併せて勝ち筋を残しやすい放電にしました。

 

 

ナットレイ

f:id:captainPoke:20190225193028g:plain

道具:フィラのみ
特性:てつのとげ
性格:のんき
実数値:181(252)-114-192(188)-74-145(68)-22(個体値0)
技構成:ジャイロボール/タネマシンガン/めざめるパワー炎/のろい

~調整~
HB:Aを落としたカミツルギのA↑2聖剣耐え(A220で乱数12.5%)
HD:特化カプ・テテフのPFサイコキネシスほぼ3耐え

 HB混乱実鈍いナットレイエスパーと水受け、胞子の一貫切り、ラグラージ以外での電気の誤魔化しとして採用。滅びで天敵を処理できた場合の詰め性能を意識して混乱実鈍い型にしました。最低限の受け出しができるため柔軟な立ち回りができるようになります。一方でナットレイ対面から崩されやすい構築なので明確に不利を取る相手がいる場合選出は控えめにしていました。
 パーティ単位で重いカミツルギ、鈍いナットレイへの誘い殺しとしてめざパ炎を採用しました。h4振りカミツルギは確定1発、耐久振りはA↑2聖剣を耐えるため対面有利となります。他の技構成はメインウェポンとしてのジャイロ、水への遂行意識で種マシンガンです。

 

 

【選出
 主な選出パターンです。

脱出滅び
f:id:captainPoke:20180312112809p:plain +f:id:captainPoke:20190225192824p:plainf:id:captainPoke:20180107152608p:plain f:id:captainPoke:20180322111342p:plain f:id:captainPoke:20180322111900p:plain から1体(左が多い)
 コンセプト通り脱出滅びで2体処理しラスト1体を詰める選出です。初手ゲンガーでゲンガーが2回行動できそうかが判断基準です。実際これが通るパーティは少ないのですが通る場合ほとんど機械的に勝てるのが魅力です。

 


f:id:captainPoke:20190225192811p:plain+f:id:captainPoke:20190225192824p:plainf:id:captainPoke:20180322111342p:plain f:id:captainPoke:20180322111900p:plain f:id:captainPoke:20180107152608p:plain から1体
 雨ラグラージを通す選出です。ラグラージが通っている場合、ゲンガーを上から処理するポケモンが複数いる場合はこれで行きます。雨で重いポケモンに強い補完枠1体と選出する王道雨選出です。

 

ハメリレー
f:id:captainPoke:20180322111342p:plain + f:id:captainPoke:20180107152608p:plain + f:id:captainPoke:20180312112809p:plain
 初手で数的有利を狙い2体目に毒や呪いを刺して退場、後発ゲンガーの守る身代わりでハメてラスト1体を道連れや滅びで詰める選出です。初手で数的有利が取れなくても同様の流れでラスト1体同士の勝負に持ち込めます。誤魔化しになる行動が多く、先発ゲンガーの場合も含めて最も多い選出パターンでした。

 

ナットサンダー
f:id:captainPoke:20180322111900p:plain  + f:id:captainPoke:20180322111342p:plain + f:id:captainPoke:20180312112809p:plain f:id:captainPoke:20180107152608p:plain から1体
 補完に優れサイクルが回せる選出です。どちらも有限で大きな負荷もかけられないため、ゲンガーやミミッキュを用いて2対2に持ち込みしっかり役割関係を与えサイクル勝ちを狙います。

 
QR

QRパーティを登録しました。使ってくださると嬉しいです。3ds.pokemon-gl.com

 

【結果】

 TN キャプテン     最高・最終2137
 TN ♪CocoaMusic♪ 最高2134 最終2098

 この構築での最高・最終レートは2137となりました。今期は目標としていた初2100を2ロムで達成でき、そこからもある程度勝てて大満足の結果です。出来過ぎな結果ではありますがとても楽しんで潜れました。次はもっと上をと言いたいところですが、これだけ時間がかかって漸く2100なのでもう一度達成すること自体難しいはずです。そのため再び2100を達成することを当面の目標にしそれが叶い次第より上を目指していこうと思います。
 新作の発表もあり7世代も終わりに向かっている雰囲気ですがまだまだやり残したことがたくさんあるので残りシーズンも精一杯頑張ります。最後に対戦して下さったみなさん、ありがとうございました。

f:id:captainPoke:20190402013943j:plain

f:id:captainPoke:20190402013946j:plain

 

 

 

*1:ゲンガーで滅び→守る→脱出ボタン持ちに引いてゲンガーを出す→守る(1体処理)→後続に道連れで2体目の処理を狙う

*2:7世代脱出ニョロトノのテンプレ調整だそうです。出典元が見つけられなかったため直接の意図は分かりませんが、役に立ったものを載せています。