【USM/S12】霹靂一閃アゴハッサム【最高2017】

USMのS12に使用したパーティを紹介します。

【使用構築】

f:id:captainPoke:20181104235343p:plain

【構築経緯】
 好みの戦術である交換を介さない直線的な積みリレーを使いたいと思い、霊獣ランドロスf:id:captainPoke:20180620220555p:plain + アーゴヨンf:id:captainPoke:20180107151818p:plain + メガハッサムf:id:captainPoke:20180312004509p:plainの並びから構築をスタート。初手ランドロス展開をする上でf:id:captainPoke:20180826111940p:plain f:id:captainPoke:20180312002906p:plainが特に厄介だと感じそれらに切り返せるメガボーマンダf:id:captainPoke:20180312004015p:plainエンペルトf:id:captainPoke:20181104232902p:plainを採用しました。最後に襷やミミッキュを擁する対面的な構築が重かったのでファイアローf:id:captainPoke:20181104233338p:plainを採用し構築を決定しました。


ポケモン紹介】

①霊獣ランドロス

f:id:captainPoke:20181008170258g:plain

道具:きあいのタスキ
特性:いかく
性格:ようき
実数値:183(148)-177(92)-112(12)-c-101(4)-157(252)
技構成:じしん/がんせきふうじ/だいばくはつ/ステルスロック

~調整~
HB:威嚇込みA188メガミミロップの猫 + 冷凍パンチ2連最高乱数以外耐え
HD:ステロ + C147コケコのめざパ氷確定耐え
A:地震で無振りガブリアス85.5%の高乱数2発
S:最速

 耐久振り襷ステロランドロス。初手ステロ要員として採用。他の襷ステロ要員と比べ威嚇と大爆発が特に優秀です。メガミミロップに対して行動保証を得るために耐久に振りましたが、それ以外にも役立つ場面は多かったです。火力とはトレードオフで不足を感じることもありましたが使用感は良かったです。
 エースがどれもステロ前提の抜き性能であるため基本的に先発で選出します。相手次第で襷ストッパーとして裏に置くこともあり選出率は非常に高いです。
 技構成は安定打点の地震、補完とS操作の岩封、削りと自主退場の大爆発、コンセプトのステルスロックです。

 

 

アーゴヨン

f:id:captainPoke:20181104233548g:plain

道具:ドラゴンZ
特性:ビーストブースト
性格:おくびょう
実数値:148-a-93-179(252)-94(4)-190(252) 
技構成:りゅうせいぐん/ヘドロウェーブ/かえんほうしゃ/わるだくみ

 CSドラゴンZアーゴヨン。積みエース兼崩しとして採用。止めに来るポケモンが分かりやすいため、先に展開しストッパーポケモンを裏で起点にする選出を多くしました。特にミミッキュ以外で止まらないパーティは多く見られ、皮を剥がし裏のエースを通す動きは多かったです。削れた相手をブーストの餌にする抜き展開と耐久ポケモンの前で積みZを撃つ崩し展開の2つが基本となります。
 技構成はZで最高火力の流星群、安定打点のヘドロウェーブ、炎技として外しを嫌って火炎放射、崩し意識の悪巧みです。

 

 

 ③ハッサム

f:id:captainPoke:20180312122524g:plain
道具:ハッサムナイト
特性:テクニシャン→テクニシャン
性格:いじっぱり
実数値:169(188)-222(252)-160-c-120-104(68)  ※メガ後
技構成:バレットパンチ/どろぼう/ばかぢから/つるぎのまい

~調整~
A:特化、ステロ + A↑2馬鹿力でHBポリゴン2確定
H:4n+1
HB:A↑1特化フェローチェとびひざげり確定耐え
HD:無振りテッカグヤの火炎放射最高乱数切耐え
S:44振りヒードラン抜き

 HAベース3Wメガハッサムアーゴヨンとの積みの並びが優秀なメガ枠として採用。技構成はボーマンダとの補完を意識しました。S振りはヒードラン意識ですがどこまで振ってもイタチごっこだったため最低限までに止め、極力他で見るようにしました。Z枠で荒らした後の締めとして選出することが多いです。
 技構成はハッサムの強みのバレットと剣舞ポリゴン2意識の馬鹿力、メタグロス、Zギルガルド意識の泥棒です。

 

 

 ④ボーマンダ

f:id:captainPoke:20171016232223g:plain

道具:ボーマンダナイト
特性:いかく→スカイスキン
性格:ようき
実数値:170-197(252)-150-c-111(4)-189(252)  ※メガ後
技構成:おんがえし/じしん/りゅうのまい/みがわり

 最速ASメガボーマンダキノガッサを意識した積みエースとして採用。2回の威嚇で身代わりがキノガッサに割られないため、ランドロスが襷潰しでなくステロを優先できます。同様にランドロス展開で重くなりがちなf:id:captainPoke:20180702001314p:plain f:id:captainPoke:20180312004015p:plainも意識し最速で採用しました。単純な性能の高さに加えZ枠を止めに来るスカーフ地面を起点にできる点も相性が良いです。
 技構成はメインウェポンの恩返し、補完の地震、エース運用で必須な龍舞、キノガッサ意識の身代わりです。


※追記
 ダメージ計算の際にテクニシャン補正を忘れるというミスを犯し間違えていますが、実際はA↓2岩石封じを身代わりが耐えません。シーズンを通してこの対面は全て引かれたため、実用上問題は無かった(故に気づけなかった)のですがキノガッサへの切り返しというコンセプトが瓦解しています。なのでこの枠は他の身代わりが割れない積みエースが適しています。



エンペルト

f:id:captainPoke:20181104232828g:plain

道具:ミズZ
特性:げきりゅう
性格:ひかえめ
実数値:159-a-109(4)-179(252)-121-112(252)
技構成:ラスターカノン/ハイドロカノン/みがわり/こうそくいどう

~調整~
C:特化、ステロ + 激流ハイドロカノンZでH振りポリゴン2確定
S:準速、S↑2で最速フェローチェ抜き

 CS水Z高速移動エンペルトゲッコウガ意識の積みエースとして採用。水の通りが良いパーティを高速移動で上から制圧していきます。身代わりは能動的に激流を発動させることに加え両メガ枠で重いテッカグヤ等の耐久ポケモンに有利に立ち回れます。有利対面でも型の誤認から悠長されがちで、積みと身代わりの両方ができることが多く便利でした。並び的に起点役に見えるため初手電気や地面、格闘を呼びランドロスの行動回数が増えたり、高火力水が受からない選出をされるなど副産物の多さも優秀です。
 技構成としてはZの媒介のハイドロカノン、安定打点でフェアリーとの打ち合いを意識したラスターカノン、先述の理由から身代わり、コンセプトの高速移動です。

 

 

ファイアロー

f:id:captainPoke:20180512181328g:plain
道具:フィラのみ
特性:ほのおのからだ
性格:ようき
実数値:157(28)-105(28)-119(220)-c-90(4)-192(228)
技構成:ブレイブバード/フレアドライブ/ビルドアップ/はねやすめ

~調整~
HB:特化ミミッキュの A↑2シャドクロZをB↑1で75%耐え
A:無振りゲッコウガをステロ + A↑1ブレイブバードで75%で1発
S:ゲッコウガ抜き

 BS混乱実ビルドファイアローf:id:captainPoke:20180107152608p:plain f:id:captainPoke:20180312002906p:plain f:id:captainPoke:20180702001450p:plain等が絡んだ対面系の構築を意識して採用。そのようなパーティは物理に寄っている傾向があると感じたため要塞型の積みポケモンを通したいと考え、特殊アタッカーも上から縛りやすいファイアローを採用しました。
 持ち物は積み範囲を広げる混乱実にしました。全ての技が体力調整出来るため発動は容易な他、残しておけば水手裏剣で縛られにくくなります。1積みで受けられる範囲がそう多くないため、ある程度炎の体の試行回数を稼ぐ目的でも役立ちました。
 技構成は積んで詰ませるビルドアップと羽休め、範囲の優れる一致技のブレイブバードフレアドライブです。

 

 

【結果】

 この構築での最高レートは2017になりました。今期はここ数シーズン諦めていた積み主体の構築に拘りを持って挑みました。途中ランドスイクンを軸とした別の構築でも2000に乗れたもののそこから大きく溶かし復帰するのにかなり苦戦するシーズンとなってしまいました。最終的にこの構築に辿り着き1900~2000あたりのレート帯で多く戦えたのは幸いでした。
 目標には大きく届きませんでしたが好きな構築タイプでそれなりに良い結果が出せて良かったと思います。すぐに大きな結果が出るほど器用ではないので今後もじっくりと目標を目指して頑張っていきます。最後に対戦してくださったみなさんありがとうございました。

f:id:captainPoke:20181106015304j:plain